テーマ:読書

ウオルマートはグローバル企業の代表

ウオルマートがついに200万人の訴訟が起こされた。2007.2・7 性差別の実態です。 これはウオルマートだけではないからね。 *再録2006/12/23 23:19  「ウオルマートが成功した理由の一つは・・・その市場支配力、供給業者と労働者を 掌握するその能力にある。組合組織にたするきびしい方針は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何が憲法改正の狙いですか?

 安倍さんが 新年の抱負で在任中の「憲法改正」を打ち上げたのですが なんでかな?   内閣法制局というのがありまして 安倍さんは総理就任時にも持論の「集団防衛」を訴えていました。 これは北朝鮮を包囲して船舶の検査をする場合 日本は自分のところの事件なのになにもしないでいいのか? とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す』

ジョセフ・E・スティグリッツ教授 2001ノーベル経済学賞 徳間書店  市場原理主義で徹底したら 「いずれ全世界中がボトムアップで潤う。  貧困な国も次第に経済発展のご利益をうけて その国の最下層の貧者の生活もアップする。   いつそうなるかも約束できないし、ボトムアップしないで 金持ちの懐だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Number666 越境秘話

このNumberの鈴木隆行の記事 ヨーコ・ゼッターランドの記事と多田野数人の記事がつづくのは圧巻だ。 鈴木はレッド・スターに移籍してから試合に使われていないし ベンチにも入れていない。 そして先日の日本代表にも呼ばれていない。 「僕がいまロナルジーニョのような試合してもちかわれないんですよ。 これは与えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ケンカの作法』は何故政党が駄目かを解明してないか

 辛さんと佐高さんの対談の本です。角川ONEテーマ21から。 印象的なところ  野党が低所得者の若い世代を組織できたいない。その若者らからは、正社員の組織の 組合は恨みの対象であり、郵政の民営化などは小金持ち叩きに写る、今度は公務員の 供与カットなどもスカッとするわけだ。 1989~1996までの間に荒れ狂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

具体的2『日本の外交は国民になにを隠しているのか』

この本は最近のものでは、大変重いないようだった。 国際的に大変な力をもったとみられている日本が、さらに世界に突出した存在を目指す 外交政策を海外でやり、国内には別の言い方をする。 われわれもほとんど気にかけない。 著者はいう「日本人は昔を見ていないのではなく、今を見れていない」と。 民主党から自民党、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

具体的にって難しい(南日本新聞)

 改憲問題でも憲法の9条どうのこうのの問題以前に 以前も紹介いたしましたが 具体的には、憲法改正の手続きの法の立案が問題になっています。 先日は自民と民主とも(公明も)一緒に提案するための審議会で あの改憲の大好き読売すら、改憲時の報道規制に猛反発したため もめまているとお知らせいたしました。 今日あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は戦場か?

 日本の自殺者は年間3万1千人。 イラクでの戦争に関連しての死亡者が3万人だそうだ。 これは日本も戦場ではないか? と辺見庸さんが問うていた。(南日本新聞1.23)  この号は是非とも参照のこと。 追伸 06年5.8南日本新聞で   06年は自殺防止元年にしようと政府、自治体とも動いているそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法の存在価値?

『改憲問題』  愛敬浩二  筑摩新書  憲法9条で軍の保持を禁じていることが やりぬくいから変えたいわけですが。軍が中国、北朝鮮が脅威だからではない。 アメリカの政策ですからね。まして市場が拡大できれば産業界も喜ぶ。 考えてみれば、暗いよね。 もし改正して軍隊をもつことも、集団的自衛もOKの憲法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛刻心ってなんだあ

 ある評論家が 「郷土愛も含めて愛国心というのであって 愛国という言葉を使用するのになんの問題はないのではないか? 政治的な駆け引きで本来持っている愛国心の意味を語っていないのではないか?」 という論文がでていた。   そのとおり「愛国心」は当たり前なんですが なんで今出てくるのか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛子苦心ってなんだ?

愛子苦心を法律にするって? なんてこと? 郷土愛では足りないの? 人類愛では不足なの? なんで「国」という語を入れたいのか? この意志を知りたいです。 実際は安部さんが言うので、その行動を見ていますと アメリカに金出して、住民の上空に米軍機が勝手に飛ぶことに賛成するのが 「愛国」なんだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香山リカ「TVの罠」

 なんでTV局も批判の精神込めて「小泉」チルドを写したのに 自民が勝ったの? TVを良く知った小泉さんが、そんなにTV全体を操作できるわけでもないし。 この「何故」に取り組んだものだ。 わたしなりに考えると。   猪木がもう年だったが現役のころ。 アンドレジャイアントやスタンハンセン、タイガージェット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格差社会につてⅡ

政府が「格差」に弁解している。 でも会社じゃないんだから、国民をリストラできないでしょう? 「 格差があってもいい。成功者が得してなぜ悪い。競争があって成長する。」 という反論をどいうわけか、自民党や財界が「弁解」する? でも格差社会があったら大変で助けてあげないといけないよね。 だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターネットでも言論抑圧するんだ?

 マイクロソフトもグーグルもヤフーも中国政府の国内言論の抑圧に 手をかすんですね。 マーケットが大きいから先陣争いをして「妥協」するってわけです。 これが「民間」ですよね。 砒素中毒もカネミオイルも姉歯も、 それを見逃す検査機関一同も「民間」です。  民間でできることは民間でというのは、ごく限られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【民意と人権を語る】集英社新書

 この本での語りのテーマは 「世界人権宣言」を軸に 人権外交を叫ぶアメリカ、相対主義の先進国と国連の実情を語っている。 人権を相対化しているアメリカが最も 人権を制限し自国の人を「殺している」かという挙証をしている。  深く見抜くためには時系列で見ること 基準を相対化しないこと(都合よく扱わない) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松井教授の東大駒場講義録

 乱雑とりまとめ編ですいません。  あと5億年で人間圏は終る? ちょうど地球は折り返し点だ みんなどんな社会をつくりたいんだ? 生物学はあいにく地球の生物でしか検証されていない陳腐な科学? 生命なんてわりと簡単に登場するもの。火口にも生息できる。 でもなんどもの天体衝突でその都度、絶滅していた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上司は思いつきでものをいうと乱世をいきるは

橋本治さんのこの2書は 普通を装いながら動かぬ「人格」から から、この世の多くの人の人生での出来事の 根幹をきってみせてくれる。  いいなと思うのは 現実の前であまりにも 馬鹿をみすぎた「自分ら」に 橋本さんが「おかしいのはこの世の中さ。別に普通に毎日の感覚から 考察してみたらわかるじゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市場の創出の幻想

「 マーケットの創造」はないところに頭のなかで「欲」を創出することだ。 会社の業績が良くないという状況がつづく。 そして給与カット、販管費の削減などという手を打つ。 売上も落ちて削減の効果は出ない。 そして結果主義が出てくる。 結果を出すと評価すると。 結果とは限定だれていて「今の業績」に限るわけだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使命解雇だっちゅうの

100名のリストラが必要だった。 こんな場合も人事が全国を回れないので、営業部の管理職に解雇名簿に載った 人の面接をすることになる。 なんて解雇する側か 解雇される人の話かと思ったら ちと違った「指名解雇」高杉良作。 いろんな本が出ているが、今ひとつ「ガイド」にならへんなあ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格差社会って何?「下流社会」を読む

「格差」は所得格差といってもいいかもしれない。 この所得格差は若者個人だけのでなく、その親の所得からまつわる生活環境からも かんがえてのものらしい。 この格差はすでにアメリカ、イギリスに匹敵するほどのものになっているらしい。 このまま格差社会が固定し拡大させるのが、アメリカに学ぶ小泉政権のかんがえらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九戸政実と西郷隆盛の表面だけですが 

 自分で決めた「線」を越えず、超えないことが「不運」に遭遇するとしても 自分の決めた「線」を越えないことに決めた「人」という点が似ているかな。 「結果」は「結果」としてこぼれ出るかな? 豊臣秀吉とか維新政府とかは「難しい」考え方しないんでしょうね。 「いけいけ」「いまがチャンス」という思考でしょうね。 「結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中高年のフリーターが当たり前の社会

2001年には35歳以上のフリーターは46万人、2006年には93万人、2011年には132万人 2021年には205万人まで増加するらしい。 フリーターは収入が少なく正社員と比較すると5年後には結婚しているかの有配偶者率 で、正社員が男44%、女40% フリーター 男 22%、女28%になる。 また、フリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 情報が落ちるか?

「有効桁数4桁で考えてみよう  桁落ち   値のほぼ等しい数の差を求めると桁が有効桁数にならない。      例) 1234-1233=1(1桁になってしまった)  情報落ち   同じ有効桁数で、大きな数と小さな数を足したり引いたりすると小さい数が結果に反映されない。      例) 1234+5.678=1239.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『量子論を楽しむ本』佐藤勝彦PHP文庫

量子論だと確立解釈になり「決定論」ではなくなってしまう。 「未来は確立的にしか決まらない」 「整然とした自然」はないことになる」 量子論は自然は観測によって状態が始めてきまり、誰も観測していないときにはすべて 決まっていない。 やはり凄いのはパラレルワールドの話ですね。 宇宙誕生の時から「粒子が誕生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『かくて、太平洋戦争は終った』2

 靖国問題やアメリカにくっついての自衛隊を派兵や憲法改正問題の討論会などで よくでる今の憲法は「押し付けられたもの」だから駄目とか 太平洋戦争はまるで日本に責任がなかったかのような論調が多いですね。 でも今の日本のスタート地点は、「無条件降伏」したことから始まっている。   ポツダム宣言を受けないで本土を焦土とする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『かくて、太平洋戦争は終った』川越重男 PHP文庫

1945年にベルリン郊外のポツダムで宣言がされた。 日本政府が恐れていた日本人を奴隷化する、日本を滅亡させるとかはなかった。 当時の東郷外相は「これを拒否するような意志表示をすれば、重大な結果をもたらす」と 危惧した。 当時に首相の鈴木が「ただ黙殺あるのみ」と大見栄を、陸軍強硬派に組して、切った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミリオンダラー・ベイビー』=『マディソン郡の橋』では?

この映画は、監督の社会にたいする視点がしっかりしている。 最後の安楽死の問題は避けるのかとおもいましたが、ブッシュさんに対峙する思想を 主張していました。  ヒラリーが演じる女性はすべての人の「人生」。(あの表情がいい) (マイケルムーアのドキュメンタリーには多く登場する人々たちの) これを愛するイースト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故「イノベーション」もの経営雑誌が出るのか

 最近ではセブンイレブンのサクセスもので会長が「お客様の立場にたつとはどういうことか」と 語っているものが店頭にならんでいるのを見る 先日HPからダイエーに行かれた樋口社長などもHP時代に「当たり前のことができていない」のがHPの問題と語っていた。 だが何度このような本を読んでも納得するが、「いい方法」ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 財界の偉い人が「改憲論」を語れるかな?

 最近の新聞で財界のエライサンが憲法の改正に意見を寄せているのをみます。 ①「憲法を改正しないと現実とまします乖離してしまうから」 ②「9条の2項(陸海空の軍隊をもたない)を改正できたら良い」 ③「教育への援助はもう国はしているんだ」なんてことを理由にしている。   ①は誰がそういう政府に資金だしてきたのには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more