領土で攻勢許す民主政権=日米にきしみ、見透かす中韓

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012081600837

 領土をめぐる中国や韓国、ロシアの「攻勢」に、民主党政権はなすすべがない。韓国大統領による初の竹島訪問に続き、香港民間団体の活動家が尖閣諸島に上陸。中韓両政府の対日強硬姿勢の延長線上にある挑発行為と言え、民主党政権が掲げた「アジア外交強化」が破綻しつつあることは否めない。きしむ日米同盟関係を見透かして、周辺国が既成事実を積み上げようとしている格好だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米国は

日本に冷静な対応を求めての声明ですね。

米国は日本を守るより

中国、韓国との話のほうが


信用できるのでしょうね。
ともかく

米国は日本を守らないですね。


さてアメリカの指示待ち外交の野田さん

は、ご自分では考えられませんので


悩んでいるようですね。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック