北海道知事が静岡知事に反論 原発発言「ばかばかしい」

http://www.j-cast.com/2011/08/26105442.html

北海道の高橋はるみ知事は、2011年8月25日の会見で、自らの原発運転再開容認を批判した静岡県の川勝平太知事について「変わったことを言う方なので、コメントしない。ばかばかしい」などと不快感を露わにした。
川勝知事は、北海道電力泊原発3号機の運転再開について、「高橋知事は経済産業省出身だから独自判断ができなかった」と述べていた。
_________________________________________________________

知事や市長、町長、村長は住民生活の安全を優先した思考の
人物を選びましょう。

国の味方ではね。

この記事へのコメント

2011年08月27日 09:46
原発をめぐる相容れない二人の知事の発言―【私の論評】北海道は先進地区に生まれ変わるかもしれない!!
ブログ名:「Funny Restaruant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/GEwCh
こんにちは。原発を巡る、北海道知事と、静岡県知事発言が全く相容れない様相を呈しています。北海道の高橋知事は、はやばやと泊原発の再稼動を決め、すでに稼動しており、北海道は電力不足危機からは、完璧に免れています。これに対して、静岡県の川勝知事は、「ご自身が経産省出身、独自判断できていないのでは」という発言をしています。これに対して高橋知事は、「変わったことを言う方なので、コメントしない。ばかばかしい」と反論しています。今は、結論を出すのはまだ時期が早すぎるとは思いますが、北海道は、全世界に先駆けて、電力供給の安定化を図ったわけですから、これを機に、新たな産業をおこし、代替エネルギーの研究開発を進め、新しい社会を築き、全国の、いや、全世界のモデルを目指すべきと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

この記事へのトラックバック