放射性物質:焼却灰 10万ベクレル以下なら埋め立て検討

http://mainichi.jp/select/science/news/20110715k0000m040088000c.html
 環境省は14日、福島県内の放射性物質に汚染されたがれきの焼却後の処理について、放射線を遮蔽(しゃへい)して一時保管するよう要請していた汚染濃度の高い焼却灰のうち、放射性セシウムが1キロあたり10万ベクレル以下なら埋め立て処分を認める方向で検討を始めたことを明らかにした。これまでは同8000ベクレル以下の場合に埋め立てを認めていた。同日、開かれた安全性検討会で議論されたが、「基準」が緩和された格好となるため、住民の理解を得ることが課題となりそうだ。
_____________________________________________________________________________________________
この人らは国民全員に被爆しろということなんだろう。

スピーディを公開しないで

被爆させることが平気な人間たちなんで

なんとも思わないのでしょう。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック