コムコム

アクセスカウンタ

zoom RSS 武田先生 空間の「マイクロシーベルト」から土壌の「ベクレル」への換算

<<   作成日時 : 2011/07/03 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
http://takedanet.com/2011/07/post_9579.html

空間の「マイクロシーベルト」から土壌の「ベクレル」への換算




少し前にこのブログで、「手元にあるガイガーカウンターのような簡単な線量計」を使って、「土壌のベクレル」を計算できればと思って、計算式から行ったのですが、どうもうまく行きませんでした。
その後、読者の方からも多くの資料が寄せられ、それを元に今回の福島のデータを整理して、「実験式」からこの関係を求めることに染ました。
データは2011年4月1日から5月22日の福島の小学校の校庭の空間線量と土壌のもので、コンクリートの場合、少し違うようです(出典は下に示しました)。
・・・・・・・・・


簡易型の放射線測定器(10万円ぐらいのもの)を使って、空間の線量(1時間当たりのマイクロシーベルト)を測定したら、それから、この表を使って換算してください。
グラフを示すとより正確なのですが、何しろ対数グラフという特殊なグラフなので、ここでは表で示しました。
つまり、測定値が0.1マイクロシーベルトなら、そこの土壌はおおよそ200ベクレル、1マイクロシーベルトなら3000ベクレル、そして10マイクロシーベルトなら10万ベクレルということです。
人間は1日に100ベクレルぐらいは無視できる量ですが、1000ベクレルぐらいになると、注意が必要です. 
1000ベクレルというと1時間に0.4マイクロシーベルトで、1年間5.2ミリシーベルトの限界点の少し下になります。
その点ではおおよそ、「外部被曝してはいけない量」と、「人間が1日に処理できる量」とのバランスも取れているようです。
また、この表は、農家の方の畑だけではなく、幼稚園の砂場などでも使えます。
ただ、広い大地の場合や、狭い砂場、近くに植え込みがあるなど、条件によって少し違ってきますので、あくまでも目安として使ってください。
・・・・・・・・・


出典をしたに示しました。また、先回の計算は空間は1時間当たりのマイクロシーベルトでしたが、土壌は1平方メートル当たりのベクレルで計算しました。
今回は土壌は1平方メートルではなく、1キログラムを基準に染ましたので、少し数値は違いますが、日本では今回の方が実用的でしょう.
(平成23年7月3日 午前10時 執筆)

武田邦彦

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
  • 武田先生 空間の「マイクロシーベルト」から土壌の「ベクレル」への換算  コムコム/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる