コムコム

アクセスカウンタ

zoom RSS ”子どもの命を守りたい”ただその一心で、ママたちは行動しているのです

<<   作成日時 : 2011/07/02 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://www.mscr.jp/

避難を決めたママたちが、みんな直面している葛藤の数々。本当はこの場所を離れたくない、別れが辛い、ここに居ても安全なのかも? それらのツイートに思いを巡らすと、悲しみとやり場のない怒りで、胸が張り裂けそうです。

避難という決断が、正しいのか正しくないのか、その答えは一生分からないかもしれません。というより、正しかどうかを求めること自体がナンセンス。”子どもの命を守りたい”ただその一心で、ママたちは行動しているのです。東電や国には、その心がないのだろうか…。

●お天気●さん(3歳と1歳の娘のmama☆体育会系・車・Iphone・鬼嫁・良妻♪)
・保育園の退所願いもってったら、保育園行事と重なっているので、早めるように言われた…。14日に退園だ…。 あー、切ない切ない。 ここ、毎日お迎え時、涙が溢れる。。 涙で、前が見えなくなる。下向いて園庭歩いて駐車場に向かう毎日。
・自分が卒業した保育園だから余計に離れたくないんだ、、、。 先生もみんないい人だし。自分が保育園児の時にいた先生も健在だし。。 離れたくないよ。。。

mariah_c66さん(福島市二児の母 福島のこどもたちを守りたい。願いはひとつ。つながりを求めます。全国に支援の輪を)
・今日の「とくダネ」双葉高校野球部。涙が止まらない。同じ福島なのに彼らの想いわかってるのかな?私。辛くて思い返すだけで涙が出てくる。胸が苦しい。もっともっと辛い人いるのに避難しようとしてる自分って?って思う。けどいいんだよね?この選択。間違ってないよね?
・たくさんの方が手を差し伸べてくださっている。これに甘えていいのか?もっとそれを必要としている人がいるのではないか?逃げようとしている自分は裏切り者か?人の親切を利用しようとしているのではないか?自分が悪魔化してきているのかな?いままでにない胸の苦しみ。葛藤。涙がこみ上げてくる。

東北福島さん(福島市在住。3人の子持ち(10歳、7歳、5歳すべて男の子)の兼業主婦。夫の実家は飯舘村。)
・転校について担任の先生と話すのがものすごくつらい。先生にはお世話になり感謝しているわけで、先生に不満があるわけではないから。しかも、これから先もここから出ないだろう児童もいる中、お別れ会開かれたら本当につらい。避難を決断しても、精神的にかなりつらい福島の状況。全ての子供を平等に!

akemillyさん(福島市在住。自分と向き合うため、そして前に進むためツイッターを始める)
・今日、上司に子供の避難のことを伝えたら絶句してた。で、暫くしていきなり「 家の壁、高圧洗浄して庭の芝生はがせば良いんだよ」きっと色々考えてくれたんだな…。でもその後「なんかこの近くの校庭は1.4だって。それ位ならダイジョウブだから!」えー⁇大丈夫じゃな〜いッ!
・ま、ね、3月の1番ひどかった数値よりは確かに低くはなったけどまだまだ全然。けれども多くの人がそんなカンジなんだよね。 うーん。
・休憩なり。今日はまた別の上司に子供の避難を話したら「よく決断したな」って。自分の妻子についてはやっぱりまだ踏ん切りがつかないらしい。補償が出ないうちは動かないって。分かるけど…。私なんて貴方よりかなりキツイんですけど…。でも命には変えられません!

かるてーかさん(ふくしま在住。契約社員で2児の母で夫有り。故郷は原発立地の富岡町。住んでいるところは避難指示域のすぐ隣。事故に振り回されっぱなしの私の明日はどっちだ!?)
・汚泥を肥料に使うとか、瓦礫を他の地域にもっていくとか、なぜわざわざそんなことをしようとするのだろう?福島にこれから起こることをぼやかすため?みんなで苦労を分かち合おうなんて理由じゃないかとをを願うけど、みんな一緒なら…という感覚が時折見え隠れするようで怖い。

あらじんさん(福島県会津若松市 小学生男児の母親です。震災をきっかけにtwitterはじめました)
・東電株主総会 脱原発に… 賛成8% 反対82% 狂っている。もうこの国の未来は消えた。いっそのことドッカンドッカン次々と爆発してしまえ。と思ってしまうくらいやるせないね。

ニャニャ子さん(福島の子供達を救いたい!福島の子供達に未来はあるの?平凡な夢を持つことは許されるの?(略)福島の子供達を救うため戦う母ちゃんです。)
・ふと思う。東電幹部や政治家達の概念には、「子供」や「弱者」という存在がないんだろうなと。そう考えなければ、今の状態は到底理解できない。自分達の幼少時代や、我が子の存在も記憶から消えてしまった人達の集まりなんだな。 私に守るものがなければ、収監覚悟で事を起こしてただろう。。。

satotaeko(会津若松で夫婦と子供二人の一般的な家族です。3.11以来、子供健康を心配する毎日。)
・「福島県民健康調査問診表見本」を下書き中。A4両面で4枚……3/11からの1日当り屋外・移動・屋内滞在時間、屋内なら木造かコンクリートか、3月中の飲み物食べ物、大皿か中皿か……細かいし覚えてないよう。これが県民に配布されるのね、家族の分はもちろん私が書くのよね(涙)




人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-
宝島社
山村 武彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
  • ”子どもの命を守りたい”ただその一心で、ママたちは行動しているのです コムコム/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる